ここはアダルトアフィリエイトで収入を得る方法を紹介するアダルトサイト作成支援サイトです。未成年用出口→ 「Yahoo」 「Google
TOP<<
ツークリック詐欺について

ワンクリック詐欺という言葉が出てからもうずいぶんと経ちましたが、最近ではワンクリックではなく、ツークリック詐欺というのが出てきました。あまり関心してはいけないのですが、なんというかよくできていて、パソコン初心者の方であれば簡単にだまされてしまいそうです。
 
 ここではツークリック詐欺についてその詐欺の概要と対処方法について説明します。

ツークリック詐欺の話

■ツークリック詐欺とは

ツークリック詐欺というのはその名のとおり、2回クリックをさせる詐欺のことです。ワンクリック詐欺がリンクなどを一回クリックしただけで、料金の請求画面に飛ぶのに対し、ツークリック詐欺ではリンクをクリックするとまず料金の確認画面がでてきます。そこには文章を読んだ上で了承すれば「はい」のボタンを。了承しなければ「いいえ」のボタンを押してくださいという文面が書かれています。そして「はい」ボタンを押すと料金の請求画面に飛ぶという仕組みです。
 
 ツークリック詐欺の特徴はこの確認画面が一度でるというところにあります。ワンクリック詐欺であれば、確認も何もせずにいきなり請求画面にでるので、これはもう明らかに商品の契約をしていないただの詐欺行為ということがわかりますが、ツークリックでは確認画面がでて、そこには高額の料金を請求しますという意味の文章がかかれているのです。
 
 慎重な人はその確認画面に目を通してこれはクリックしてはダメということに気づくでしょう。しかし、中にはそういった文章をよく読まずに、ただただリンク先のエロ画像を見たい一心で「はい」を押してしまう人もいるわけです。
 
 つまり、確認をして「はい」を押した以上、商品購入の意思があって契約をしたということをツークリックの詐欺サイトでは主張してきます。あとはワンクリック詐欺と同じように、あたかも個人情報を特定したかのようなIPアドレスが表示された画面と、料金の請求書の画面に飛ぶというわけです。

■ツークリック詐欺ではお金を払わなければならないのか?

ツークリックはワンクリックと違い消費者によく文章を読まずにクリックしてしまったという落ち度があります。自分に非がある、という引け目からついうっかりツークリック詐欺にお金を騙し取られてしまう人が多いようです。
 
 しかし、1度契約したからといって契約を解除できないということはありません。この場合は錯誤、つまり間違えてクリックしてしまったことによる契約の無効を主張することができます。ただ、「間違えてクリックしてしまいました」ということをそのサイト側に連絡しないほうがよいでしょう。連絡してしまうとよけいにややこしくなる可能性があります。
 
 一番の対処法はとにかく「無視」をすることだと思います。個人情報を特定したかのような画面がでるので怖いと思う人も多いかと思いますが、あんなのはただの脅しです。だいたい、個人情報といっても収集できるのはIPアドレスや自分の使っているパソコンの環境程度です。プロバイダではそういう情報から個人が特定できますが、プロバイダがそういう情報を公開するのは警察の求めに応じるときくらいです。
 
 犯罪行為をしている詐欺サイトが警察に訴えを起こすことはまずないでしょう。公になれば自分が捕まってしまうのですから。このあたりはワンクリック詐欺と同じです。どうしても気になる人は近くの消費者センターなどに問い合わせるとよいでしょう。
 
 最近ツークリック詐欺のサイト運営者が逮捕されました。ワンクリック詐欺と違いツークリック詐欺では一応確認しているので逮捕するのが難しいといわれていましたが、ツークリック詐欺はキチンと詐欺行為ということが認められそうです。今回の逮捕でツークリック詐欺サイトもずいぶん減るのではないでしょうか。

 

TOP1年目の収入 アダルトアフィリエイト出会い系アフィリエイト無料ブログお問い合わせ免責事項リンク
Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース