ここはアダルトアフィリエイトで収入を得る方法を紹介するアダルトサイト作成支援サイトです。未成年用出口→ 「Yahoo」 「Google
TOP<<
円高と円安の影響について

円高や円安というのはニュースではよく耳にしますが、そんなのを気にするのは海外に旅行するときくらいで普通に生活する上ではほとんど意識しません。しかし、アダルトアフィリエイトは実は円高と円安の影響をかなり受けます。そのため、そのことを意識せずにいるのと意識するのでは収入に結構な違いが出てくると思います。
 
ここでは賢く稼ぐために必要な円高と円安の意味とその影響について書いてみます。

円高と円安をうまく利用しよう

■円高と円安とは

円高というのはその名のとおり円が高くなることです。これは相対的なものなので、例えば今現在1ドル100円だとしてその値が1ドル99円になれば円高です。つまり、円の価値が高くなって少ない金額で1ドルに換金できるようになったわけです。逆に1ドル100円から1ドル101円になれば円安です。円の価値が下がってより多くのお金を払わなければ1ドルに替えられなくなったわけです。
 
よく言われているように、輸出をする場合には円安が有利です。円安になれば特別な努力をしなくても輸出商品が値引きされたのと同じ状態になるからです。例えばトヨタが日本では120万円する車を輸出する時、1ドルが100円のときには金額は1万2千ドルです。これがもし1ドル120円という円安の時に輸出すれば同じ車が1万ドルで買えるということになります。トヨタのような大企業ではこの影響は非常に大きく、ほんんの1円、円高になると営業利益が400億減少すると試算されています。

■アダルトアフィリエイトと円高、円安の影響について

アダルトアフィリエイトが円高と円安に影響があるというのは、DTIのように海外から発信されていて月額利用料や報酬がドルで支払われるためです。例えば月額利用料が50ドルのサイトの場合1ドルが100円のときならば5000円です。これが1ドル90円の円高になると4500円。1ドル110円の円安になると5500円になります。つまり利用者は円高のときに入会すると入会料が安くなるのでお得です。大半の日本人は1ドル100円くらいで計算する人が多いので、100円を切った場合には割安になっているという印象になるとおもいます。
 
一方で、アダルトサイト運営者が報酬を受け取るときは逆になります。報酬が5000ドルあった時報酬を請求すると1ドルが100円ならば50万ですが、1ドル90円の円高のときには45万。1ドル110円の円安のときには55万です。

■アダルトアフィリエイトに有利なのはどっちか

アダルトアフィリエイトをする上では円高と円安、どちらが有利なのかということですが、はっきりいってどっちともいえません。円高は利用者にオトクなのでもしかしたら入会率もあがるかもしれませんが、サイト運営者が得る報酬は減ります。一方で、円高はサイト運営者の報酬は増えますが、利用料が割高になるため、入会率がさがるかもしません。
 
一番いいのは利用者が利用するときは円高で、円安になったら報酬を請求するということでしょうか。DTIやSign Board Shopといったドルで報酬がでるサイトは自分の好きなときに報酬を請求できるので、円高と円安の様子を伺って自分の好きなタイミングで円に換金できます。
 
最近(2008年後半)は急速に円高が進んで1ドルが100円を切ってしまったので、もし急いでお金が必要というわけでなければせめて1ドルが100円を超えるまでは請求するのを待ったほうがいいかもしれません。とはいえ、今以上に円高が進む可能性もあるので、どっちがいいのかはわかりませんけどね・・・。

サイト内関連リンク

 
アダルトアフィリエイト

 

TOP1年目の収入 アダルトアフィリエイト出会い系アフィリエイト無料ブログお問い合わせ免責事項リンク
Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース