ここはアダルトアフィリエイトで収入を得る方法を紹介するアダルトサイト作成支援サイトです。未成年用出口→ 「Yahoo」 「Google
TOP<<
アフィリエイトの税金

アダルトアフィリエイトで稼いだら、その額に応じて税金(所得税と住民税)を納める必要があります。仕事をしていない人は基本的には一年間に103万円を超えると税金がかかります(学生の場合は130万円)。仕事をしている人は年間20万円です。
 
 税金の額は自分で計算して申告しなければなりません。これを確定申告といいます。面倒ですが、きちんと申告しないと法律違反になり追加でお金をとられたり、悪質な場合は刑務所にいれられたりしますので、きちんと申告することが大事です。
 
 今回はアフィリエイトで初めて税を申告する人向けに簡単な説明をしたいと思います。

確定申告の基礎知識

■所得税と住民税の基礎

所得税は1月から12月までの所得の合計についてかかるものです。稼いだ金額が上がれば税率が上がってきますが、たいていの場合は10パーセント程度です。つまり、毎月20万円の収入があれば、一年間で240万ですから、大体24万円くらいの金額になるというわけです。
 
住民税はその名からもわかるようにすんでいる地方自治体に収める税金です。県民税4%、市町村税6%のあわせて10%が昨年の所得に応じて徴収されます。こちらはどんなに稼いでも税率は同じです。先ほどの例だと所得税と同じ24万が住民税になるわけです。
 
240万稼いでもその20%の48万が税金でなくなるっていうのは結構痛い話ですよね。 ただ、税と言うのは純粋な利益にかかってくるものです。例えば、毎月20万円稼いでいても、もしサーバーの代金に毎月10万円払っていたとすると、利益は毎月10万円になります。すると、一年間で稼いだ純粋な利益は120万円ということになりますので、所得税と住民税はだいたい12万円くらいで、あわせて24万ということになります。
 
 つまり(売り上げー費用=純粋な利益)ということです。アフィリエイトは基本的に費用がかからないので、売り上げのほとんどが利益になりますが、きちんと費用を計上すれば払わなければならない税金を少なくすることができるので、そのあたりをキチンと意識しておくことが重要です。

■アフィリエイトの費用について

アフィリエイトにかかる代表的な費用はパソコン代、サーバー代、インターネットの通信費、ホームページ作成ソフト代、などです。もし、モデルなどを雇って画像や動画を撮影しお金を払った場合はそれも費用になります。さらにアダルトアフィリエイトの場合には無修正動画サイトに自分で加入してその代金を払ってもそれはサイト作成の参考のためだと言えば費用と言えるかもしれません。
 
 そういった費用がかかった場合にはきちんと領収書を取っておく必要があります。そうしておかないと費用がかかったことを証明できないからです。アフィリエイトに関連があるような買い物や支払いをしたときはこまごまと領収書をもらうクセをつけておくといいかもしれません。

■確定申告の方法

所得税を確定申告しなければならない期間は毎年2月16日から3月15日までです。この期間に前の年の1月から12月までの所得を申告します。申告は各都道府県の税務署で行いますが、最近ではインターネットを利用したe-taxというのが便利です。これを利用すればオンラインで確定申告ができたり、確定申告の書類を作成できたりします。
 
 とはいってもe-taxはいろいろと用意するものがあって最初はちょっと面倒なので、初めての申告の場合には「確定申告書等作成コーナー」で書類を作成し、自分の家で印刷してから税務署で提出する、というのが手軽だと思います。
 
やり方はとても簡単で、「所得税の確定申告書」を選んで自分に合う条件を選んでいけばOKです。

■青色申告と白色申告について

税金の申告には青色申告と白色申告というのがあります。青色申告は申告にいろいろと面倒な手間がかかりますが、税金を少なく出来る特典がいろいろついてきます。一方、白色申告は青色申告にくらべれば手間が少なくてすみますが、特典がついてきません。
 
 基本的にはアフィリエイトの収入が年間300万以下の人は白色申告で十分です。特に初めて申告する人は白色申告しか選べません。青色申告はあらかじめその申告をするための申請が必要だからです。お金が大分稼げてきたので本格的にアダルトアフィリエイトに打ち込んで、できるだけ税金を減らしたいと思う人は青色申告の申請をするようにしてください。

■働いている人への話

働いている人はすでに源泉徴収という形で給料から税が引かれています。さらに、その給料の中から年金や社会保障の費用などいろいろなお金が引かれています。こういったものを踏まえたうえで確定申告をする必要があります。
 
 といってもそれほど難しい話ではなく、源泉徴収表を参考に確定申告書を作ればいいだけの話です。この表の中には一年間に受け取った自分の給与や支払った税金のことすべて記載されています。大体1月か2月の給料明細が配られるころに一緒に渡されますので、なくさないように大事にとっておきましょう。
 
あと、所得税は申請した口座からお金が引かれるわけですが、住民税の場合には支払いに2つの方法があります。それが普通徴収と特別徴収です。普通徴収は支払いのための用紙が送られてきてそれで支払う方法です。これは手続きをすれば銀行の引き落としなどにすることも可能です。
 
もうひとつの特別徴収というのは給与から差し引く方法です。この方法を使えば一年間の住民税を給与から毎月差し引いてくれます。払う額は結局同じなんですが、月々の支払いだと負担が軽くて済むし、自分でいちいち支払い用紙を銀行まで持って行って支払う手間が省けるという利点があります。
 
しかし、同じ額の給与をもらっている人より毎月引かれる住民税の額が多くなるため、会社の人に副業がバレる恐れがあります。そういうのを気にする場合には普通徴収を選ぶようにしましょう。
 
普通徴収と特別徴収は確定申告の用紙の中で選ぶ欄がありますので見落とさないように気をつけてください。

■税金の支払い

支払わなければならない所得税が確定したら、税金を払うわけですがべつにスグ払うというわけではありません。基本的には銀行口座を登録し、そこから4月の中ごろに確定した金額が引き落とされることになります。単純に年間の稼いだ額の10%引き落とされるとすると毎月稼ぐ額より多くの額が引き落とされる計算になりますので、きちんと支払わなければならない残高を残しておくように注意してください。

■予定納税の話

税金を払い終えてホッと一息と思っていられるのは実は一部の人だけの話。支払った税金が15万円を超えた人はその年の7月と11月に支払った税金を約3分の1ずつ払わなければなりません。これを予定納税と言います。15万であれば5万ずつ支払う計算になります。
 
 特に自分でしなければならない手続きはありません。大抵の人は税金を銀行口座からの引き落としにするかと思いますので、気がつくとお金がなくなってたりします(一応引き落としますっていう通知はきますけど、気づかない人もいるはず)。このとき口座にお金が残っていないと、催促通知とかが来て、ヘタをすると延滞料金のようなものをとられそうになるので、残高には十分気をつけましょう。

■税金を申告しなくても実は平気?

と、思っている人は結構いるんじゃないでしょうか。実際昔は収入が200万に満たない場合は申告しなくても少ない額だから見逃してくれるという噂が立っていたことがありました。しかし、最近では国税庁も税金をできるだけかき集める必要があるため、アフィリエイトの収入を細かく見るようにしているようです。その証拠にいままでばれないとおもって申告していなかったアフィリエイターが何人か捕まってしまった事実があります。
 
 収入を自分で申告してお金を払うのは気が進まないと思う人が多いと思いますが、その悔しさをばねにさらに稼げるように努力する方向につなげてゆくのが理想的な好循環かと思います。まあ、そうすると税金もさらにあがっていくんですけどね・・・

サイト内関連リンク

 
アダルトアフィリエイト

 

TOP1年目の収入 アダルトアフィリエイト出会い系アフィリエイト無料ブログお問い合わせ免責事項リンク
Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース