ここはアダルトアフィリエイトで収入を得る方法を紹介するアダルトサイト作成支援サイトです。未成年用出口→ 「Yahoo」 「Google
TOP<<
ランダム広告

広告は画面の一番目立つところで宣伝するメインの広告と、画面のすみっこに配置してなんとなくクリックされるのを期待する広告の2種類があると思います。すみっこに配置する広告は、メインで宣伝するものではないのですが、やはり出来るだけクリックされるのを期待してしまいます。
 
 そんなすみっこの広告はランダムで表示されるようにするのが効果的です。こうすることで、たいして更新しなくても勝手に目新しい広告になってくれるので、クリックされる確率が格段にあがります。ここではそのランダムに表示される広告の作り方を紹介します。
 
 ※この方法はJavaScriptというのを使っています。これは使っているブラウザでオンにしたりオフにしたりできるので、オフにされてしまうと効果がありません。

ランダム広告の作り方


テキストのランダム広告の作り方
 
 まず基本となる文章です。
 
 
 <!--ここから-->
 <noscript><A href="URL" target="_blank">リンク文字</A></noscript>
<script type="text/javascript">
<!--
var kazu = 5;
link = new Array(
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>',
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>',
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>',
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>',
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>'
);
var rand = Math.floor(Math.random()*kazu);
document.write(link[rand]);
// -->
</script>
 <!--ここまで-->
 
 
 とりあえず文字を赤くしたところが需要なポイントです。そのまま何も考えずに使うには「URL」の部分にリンクしたいURLに変更し、「リンク文字」のところにリンク部分の文字を入れればOKです。
 
例えば「カリビアンコム」に自分のIDでリンクするのであれば
 
  '<A href="http://click.dtiserv2.com/Click/1-6-*****"
target="_blank">カリビアンコム</A>',
 
 といった感じです。「*****」のところには自分のIDを入れましょう。
 
 上の例ではランダムに表示されるリンク数は5つですが、数を増やしたい場合は赤字で「5」となってる部分をリンクしたい数に直し、あとは同じように5つ並んでいる文をリンクしたい数に増やせばOKです。ただ、最後だけ「,」がないのと最大でも10までしか増やせないのでその辺を注意してください。
 
 一番最初の
 
 <noscript><A href="URL" target="_blank">リンク文字</A></noscript>
 
 というのはJavaScriptがオフになっているユーザーに対して表示されるリンクです。オフになっているユーザーにはランダムに広告は表示されず、このリンクだけの表示になります。あと
 
 target="_blank"
 
 というのはリンク先を新しいウィンドウを開いて表示するという意味です。この部分を削除すると同じページでリンク先を表示するようになります。
 
 例えばこのサイトに同じページでリンクするのであれば、
「target="_blank"」を削って、
 
  '<A href="http://admake.k-server.org/" >アダルトなサイト作り</A>',
 
 という感じにします。
 
 では実際に上の文章を加工してリンクを作るとこんな風に表示されます。ページを更新するたびにランダムでリンクの文章が変わるので確認してみてください。 
 
 ↓例)

 
 
 


バナー広告やフラッシュ広告のランダムリンクも可能
 
 上の例はテキストによるランダムリンクですが、バナー広告などをランダムに表示することもできます。やり方はとっても簡単で、上の文章にある
 
'<A href="URL" target="_blank">リンク文字</A>',
 
 の赤い部分をバナー用などのコードに変えればOKです。コードは各アダルトアフィリエイトサイトで公開されています。例えばグローバルキャッシュで取得できるonacleのバナーコードをいれるとすると、
 
  '<a href="http://www.onacle.tv/?a_aid=75&a_bid=1952" target="_blank"title="無修正アダルト動画 Onacle.tv"><img src="http://www.gl-cash.com/affiliate/banners/onacle_88_31_01.gif"alt="無修正アダルト動画 Onacle.tv" border="0"></a>',
 
 となります。取得できるバナーなどのコードは長い文章のものが多いですが、そのまま入れてしまって大丈夫です。
 
 以下にサンプルのランダムバナー広告を表示してみます。
 
 ↓例)
 








バナーブリッジの場合
 
 【バナーブリッジ】でランダム広告を表示させる場合には専用のJavascriptが用意されています。この表示方法でなければいけないということなので気をつけるようにしてください。以下にバナーブリッジのFAQで紹介されているスクリプトを引用させてもらいます。
 
 <!--ここから-->
<script language="JavaScript">
<!--
bbad=new Array();
bbad[0]='ここに掲載用のタグを貼り付け';
bbad[1]='ここに掲載用のタグを貼り付け';
bbad[2]='ここに掲載用のタグを貼り付け';
i=Math.floor(Math.random()*bbad.length);
document.write(bbad[i]);
// -->
</script>
<!--ここまで-->
 
 bbad[2]の下に同じようにbbad[3]と追加していくことで数を増やしてくことができます。詳しくはバナーブリッジのパートナーサイトのFAQを参照してください。
 
 →【バナーブリッジ】

 


ランダムリンクのコツ
 
 とにかく広告をおくからにはクリックしてほしいわけです。ではどうすればクリックされやすくなるかというと、一番確実なのは目立つ場所に広告を設置することです。ただ、目立つ場所はメインで宣伝する広告をおくものなので、ランダムリンクは適してないと思います。
 
 なので、クリックされる確率を上げるために工夫する点はリンクの仕方です。テキストで作る場合にはリンクの文章を工夫したり、バナーなどで作る場合には人の目を引きやすい素材を使うといいと思います。
 
 上で紹介したのテキストのランダムリンクはただ単にサイトのタイトルでリンクをしていますが、クリックされやすくなるような文章を自分でアレンジして、リンク先などもダイレクトリンクなどを使って直接作品ページなどにリンクするほうがクリック率、入会率の両方が上がると思います。
 
 例えば↓のテキストリンクはDTIのPPC広告(1クリックにつき3セントの報酬が出る広告)のテキストリンクです。クリックされるのが目的の広告だけあって興味を引くような文章になっているので、リンクテキストを作るときの参考になるかと思います。
 





 
 
サイト内関連リンク

 
onacle
アダルトアフィリエイト

 

TOP1年目の収入 アダルトアフィリエイト出会い系アフィリエイト無料ブログお問い合わせ免責事項リンク
Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース