ここはアダルトアフィリエイトで収入を得る方法を紹介するアダルトサイト作成支援サイトです。未成年用出口→ 「Yahoo」 「Google
TOP<<
アダルトサイトの構成

ここでは具体的にアダルトサイトの作り方を人気のあるサイトを参考に独自の視点から考えていきます。あくまで個人的な考えなので、すべてのサイトに当てはまるわけではありませんし、紹介する構成を強要するものでもありません。あくまで参考程度に読むようにして、最終的には自分の考えでサイトを作ってみてください。
 
 なお、ここで考えるアダルトサイトは、アダルト動画サイトや出会い系サイト、ライブチャットサイトを宣伝して広告収入を得ることを目的としています。広告用の素材はすべて宣伝サイトから提供されますので、自分では何一つ用意することなくサイトを作ることができます。

アダルトサイトの構成を考える

■引っかかりやすい検索ワードがあるサイトにする

たとえばアダルトサイトに行きたいと思ったときにどういう検索をかけてサイトを巡回する人が多いかということです。この検索ワードに見合ったサイトの内容にすれば必然的にヒット数が増えることが期待されます。
 
具体的には、無料、無修正、動画、画像,裏本、女子校生、出会い、などが検索数の多いフレーズです。ほかにも実際に自分がアダルトサイトをまわるときにいれる検索ワードをサイトの内容にするといいと思います。ただ、あまりに人気のあるキーワードは既に多くのアダルトサイトがあるので上位に表示されるのは非常に困難になってきています。

■特別な分野のサイトにする

逆転の発想です。引っかかりやすいキーワードのサイトは既に多くのサイトがあり、大きなサイトにならなければ検索エンジンなどからのアクセスが望めません。そこで、いままでにはあまりないようなサイト内容にします。
 
具体的にはフェチやマニアといった分野です。こういった絶対数の少ないサイトにすることで自分のサイトの相対的な価値があがります。つまり、10000ある同じ内容のサイトで競争すると参加したとき10001位ですが、百しかない同じ内容のサイトで競争すれば参加した時点でもうすでに101位になれるということです。
 
とはいってもその分興味を持つ人も少なくなるので、引っかかりやすいキーワードのサイトと特別な分野のサイト、どっちが有効であるかはやってみなければわからないところがあります。

■アクセスランキングをメインにする

アクセスランキングとは自分のサイトにはどこのリンクから訪れたのか?そのリンクを張っているサイトを、訪れた人数の多い順番にならべたものです(詳しくは「アクセスランキング」へ)。
 
アダルトサイトはまずアクセス数をふやすことが一番の課題となるので、こういったサイト構成のところが多いようです。アクセス数の多いサイトのアクセスランキング上位になれば、自分のサイトのアクセス数も増えるので、できるだけアクセス数の多いサイトにリンクを張るのがお得です。ただ、あまり大きすぎるサイトにリンクをはると、ぜんぜん上位に表示されない場合もあるので、この辺は調節が必要です。

■出会い系サイトを混ぜる

アダルトサイトは比較的簡単に多くのアクセスを集めることが可能ですが、入会率があまり高くないため継続的な収入を得るには相当数のアクセスが必要です。そこで高い入会率の出会い系サイトの広告をサイト内に出します。
 
CYBER ADの宣伝可能サイトは広告をクリックしたひとの平均44人に1人入会するという驚異的な数字を誇るため、ほとんどのアダルトサイトサイトが広告をだしているようです。このように低い入会率という問題点を出会い系サイトを混ぜることによってある程度緩和することができます。

■だましリンクを使う

だましリンクとは自分のコンテンツに見せかけてほかのサイトに飛ばすことです。これは上で説明してるように逆アクセスを増やして逆アクセスランキングの順位を上げようという意図で行われているようです。ただ、この方法を多用するとサイト自体の信用性が失われる危険もあるので、使いすぎには注意したいところです。
 
一昔前のアダルトサイトでは一般的であったこのだましリンクもさすがに最近では評判が悪いせいか、全然みかけなくなりました。

■ステータスバーにリンク先を表示させない

これは上に二つの項目に関連することですが、だましリンクや直リンクを使うとき、左下のステータスバーにリンク先が表示されると、訪問者がリンクをクリックする前に気づいてしまい、うまくいきません。そこでそのステータスバーにあるリンク先を非表示にします(詳しくは「ステータスバーを非表示」へ)。ただ、ステータスバーにリンク先が表示されないと嫌がる方が多いみたいですので、オススメはできません。

■文章より画像をメインに

小説サイトなど文章メインのサイトは別ですが、基本的に訪問者は、文章より画像が見たくてアダルトサイトを回ってるわけです。サイトなどを紹介するときも説明文は最小限にとどめて、できる限り興味を引くような画像をはるようにしましょう。

 

TOP1年目の収入 アダルトアフィリエイト出会い系アフィリエイト無料ブログお問い合わせ免責事項リンク
Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース